スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

細幅鍵盤ピアノを弾ける環境が整ってきたら、細幅鍵盤ピアノを「購入」してみたいですか?

細幅鍵盤ピアノを弾ける環境が整ってきたら、細幅鍵盤ピアノを「購入」してみたいですか?

いいだろうなぁ~♪、、とは漠然と感じていても、
特注で、まだまだ高い細幅鍵盤ピアノです。

他には、いざ購入となると、レッスンに行っている人や
演奏を生業としてある人たち等にとっては、

実際、自分の家の「他で弾ける所はある」?
と疑問も湧きますよね。

それが、購入の一番のネックだと皆さんお感じになると思います。

では、ひとつづつ解決していくとして、
・弾ける環境が整っていくこと。
・先ずは、安価な電子ピアノで細幅鍵盤を試し購入してみる。(試し弾きも)

この二つの問題が解決していく事で、大幅に細幅鍵盤ピアノの普及は広まると予想しています。
電子ピアノ、、これは今の日本の事情を考慮すると、過半数が生ピアノより使用率が多いからです。
それから、生ピアノに移行するのも良いでしょう。

今まで、細幅鍵盤ピアノを実際に購入した人たちは
ある程度の年齢の行った人や、手の大きさに強い思いがあった人たちです。
両方共、今まで「弾きたかった曲」への思い入れが強い人たちが多いようです。

和音のオクターブ奏法、、これも結構いろんな曲でよく見かけます。

そして、オクターブが何とか「上から」つかめても、
「前から」引っ掛けて、弾いている私がいました。

理由は、
無意識に、そっちの方が「余裕がある」からだと感じました。
腕全体で重力奏法で、音を乗せたほうが、力強い音も出るし。
そうすると、余裕のある弾き方に当然なってしまっていました。

話はずれて来ましたが、鍵盤「幅」と手の大きさ・・・
重要だと私は思います。

よくあちこちのサイトで、
手が小さいなりに、ああするといい、とかこうするといい等は
いくらでも目にします。

然し、私には一種の逃げ的?な言い訳もあるようにも感じるのですね。。
確かに、小さな子供たちが難易度の高い跳躍しないと弾けない
様な曲をたまに動画でも拝見します。

大人は正直ではないかも知れません。。
本当の事を言わないし、言えないのですから。

「もうちょっと、手があの子も大きいと」いいのになぁ、、
「余裕の表現」がしやすいのになぁ、、
「手がこちこち」になりやすいので、、
「勿体無いなぁ」、、
等、内心はみんなそう思ってあるのではないでしょうか、、。。

それに合わせられている、手の小さな大人や子供達、、
実に可哀相だと思います。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。