スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

綺麗な「澄んだ音」を出すために?一度ベジタリアンしてみますか?

綺麗な「澄んだ音」を出すために?一度ベジタリアンしてみますか?

先程まで、一昨年発表会で弾いた、自作曲を弾いていました。
クリスマスにバッハを聴きながら♪ という曲ですが、当時の思い出が蘇ってきた。
モーツァルトの衣装とカツラを装い(爆、見知らぬ観客の人からもおかげ様で注目され、
フラッシュがあちこちで、焚かれた記憶が脳裏を過ぎりました。
生涯の中で、とてもいい思い出です。

ところで、私は昔から本当に「要領」が悪いし、これは脳の「容量」笑)も?
ちょっとこれを言いたかったので、アハハ。

さて、世の中バカ正直は損をする、、という諺がありますね。
然し、子供たちには「正直であれ」、そんな大人になれ。と諭す。
子供たちは、知らぬうちに、処世術を学び、バカ正直では、行きていけない事も知る。

みなさまは、どう生きていきたいか? 自分の子供にも処世術を学ばせ、不真面目な
人間で生きていくことを諭しますか?・・・何か、こう書くと、「不真面目な人間・・・・」

過去にも書きましたが、学生の頃、ベジタリアンと同じ下宿に住んだ経験がある私ですが、
食費を浮かす?というわけでは無かったのですが、同じ屋根の下に同居していると、何故か?
食事まで同じになっていったのです。
勿論、私もベジタリアンを1年ほど続けてみました。・・・それから十年後にも数ヶ月ベジタリアンを
復活させたのですが、、これがなんと言っていいのか?

考え方が綺麗になる?と言うのか、、。実のところよくわかりませんが、
傍から見ると唯の偏食とよく間違われてました。
然し、いざ肉を食べるとなると、あっさり過去の経験があるので、なんてことは無いのですが。

ベジタリアンの定義では、「動物性は、脳を持つので・・・」という事らしいですね。
植物も実は「脳がある」と昔から言われてますが、実際のところこれもどうなのか?
一つ言えることは、体の中は植物性だけなので、体内環境は抜群に良かった記憶があります。匂いも殆どなく。。
そんなところだったですね。栄養学的に言うと、タンパク質は植物からでも補えるしと。

綺麗な「澄んだ音」を出すために?一度ベジタリアンしてみますか?みなさま^^;)
そう言う私は、綺麗な音・・・??(笑)。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰しております

久々にコメントさせて頂きます♪
先ずは、今度の職場に馴染まれたみたいで何よりです(^^)

ベジタリアンの部類に入るのかどうかは分かりませんが、以前マツコ・デラックスさんの番組で6年間果物だけしか食べていないという方が紹介されていました。
中野瑞樹さんという京都大学農学部の教授の方で、人は果食動物であるという説を体を張って証明しようとされているのと、もう1つは、医学界では「果糖の摂りすぎは糖尿病になる」と言われているけれど、実際に果物を食べすぎた人のデータというものが無い。ならば自分がその第一人者になろう!というのがこの“実験”をやろうと思った動機だそうです。
「フルーツをよく食べることは糖尿病の予防になる」として健康促進の面からもフルーツを推奨しているようですし、実際に健康面も良好だそうです。

私は食べることが好きなので、野菜や果物だけの食生活には到底耐えられそうにないですが、一般的に言われていることが正しいとは限りませんし、人間の身体の仕組みもまだまだ分かっていないことばかりなのでしょうね。

ちなみにこの果物だけの食生活というのもちゃんとしたやり方があるそうで、闇雲に果物だけ食べていれば良いわけではないそうです。
何をやるにしても先ずは正しい知識を得た上で・・・ということですね。

2016.02/24 22:52の鍵コメさま

こんばんは^^)
コメ、ありがとうございます。

鍵コメさまも、ベジタリアンされた過去があるのですね~。
確かに痩せますが、お金かかりすぎるんですね。

脳と菜食主義の関係、、どうなんでしょうね?(笑)。

くるマロさま

こんばんは^^)
コメ、ありがとうございます。

>先ずは、今度の職場に馴染まれたみたいで何よりです(^^)

ありがとうございます。でもまだまだですね~、この年になっても怒られてばかりですよ(笑)。
理由は幾つかあるんですが、引き継ぎが上手く行ってない等、、かなりいい加減な引き継ぎ?だった
気がしています。毎日胃がキリキリしてますね、サービス業なんで、いつ切られても仕方ないかなぁ的
な所で、世の中厳しいですね。、、結局はみんな自分さえ良ければそれでいい、後は知らぬ存ぜぬ?
のよくあるパターンでしょうか。

>ベジタリアンの部類に入るのかどうかは分かりませんが、以前マツコ・デラックスさんの番組で6年間果物だけしか食べていないという方が紹介されていました。
中野瑞樹さんという京都大学農学部の教授の方で、人は果食動物であるという説を体を張って証明しようとされているのと、もう1つは、医学界では「果糖の摂りすぎは糖尿病になる」と言われているけれど、実際に果物を食べすぎた人のデータというものが無い。ならば自分がその第一人者になろう!というのがこの“実験”をやろうと思った動機だそうです。

ならば、自分がその第一人者になろう!ですね。 チャレンジ精神旺盛な教授さんみたいですね。
博士や医者の人たちは、何かそんなチャレンジャーが多い気もしますね。
以前、水だけ摂って何年も生きているインドの人だったか?どこの人だったか?わすれましたが、
その話が本当ならば、、とみんなびっくりしてましたね。

>「フルーツをよく食べることは糖尿病の予防になる」として健康促進の面からもフルーツを推奨しているようですし、実際に健康面も良好だそうです。

私は食べることが好きなので、野菜や果物だけの食生活には到底耐えられそうにないですが、一般的に言われていることが正しいとは限りませんし、人間の身体の仕組みもまだまだ分かっていないことばかりなのでしょうね。

そうなんですよね、一般的に言われていることが、正解か?どうか?はわからないですよね。
世の中には、間違った常識も沢山あるしですね。

>ちなみにこの果物だけの食生活というのもちゃんとしたやり方があるそうで、闇雲に果物だけ食べていれば良いわけではないそうです。
何をやるにしても先ずは正しい知識を得た上で・・・ということですね。

やはり、そうでしたか~、みんな一部分だけを取り上げて大げさに?言いますよね。でもあのジャングル
で生き抜いた、横井庄一さんや小野田寛郎さん、ご存知かも知れませんが 発見されたときは、とても
痩せてあって食べ物は、やはりフルーツなどの植物が多かったような気もします。勿論たまに動物性
のタンパク質も捕獲しながら摂取はされてあったようですね。

これは、小野田さんの紹介動画の一部です。
https://www.youtube.com/watch?v=ZcFbQbs-Cg0
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。